FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

晴れてタートルアン(タイ・ラオス旅行17)

 本来の入場開始時間までの間は三度周辺寺院の散策を行い、晴れて13時(これ以後は全て正しい時刻)にタートルアン内に入場を果たした(入場料は5千キープ=約80円)。
 建物の中に入れないのは残念であるが、外観が独特でありそれだけでも見応えは十分であり、さすがにビエンチャンを代表するスポットである。余談であるが、タートルアン敷地内で水を買うと4千キープ(約60円)取られるが、敷地の外の売店で買っても3千キープ(約45円)。いずれにしても、ラオス物価は結構割高である。
 周囲を左右からそれぞれ1周ずつ回って十分見たことに納得し、次の目的地であるラオス人民軍歴史博物館に向かうことにした。両区間は地図上かなり距離があるように見えるが、歩道が整備された公園内を歩くことができるので、距離程の苦痛を感じることはなかった。逆に、全面白づくめのタートルアン北寺院や広場に面して聳える人民安全保障博物館などの外観を見学しながら、非常に楽しい散策となった。
 歴史博物館(入場料は5千キープ=約80円)の展示は、午前中に訪れた国立博物館に比べて質・量ともに数段充実しており、私個人の感想としてはこちらを訪問すれば国立博物館は訪問不要ではないか思う。しかし、私の滞在時間中他の訪問客を見掛けることはほとんどなかった。もう少し評価されても良いと思うのだが・・・

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/954-043086d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad