FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

寺院巡り(タイ・ラオス旅行21)

 この日は8時に起床。前日夜のガパオライスのせいか食欲は今一つであり、朝食は手持ちのパンケーキ(バンコクのコンビニで購入して非常食として持っていた分)で済ませた。
 9時にホテルを出発し、5分ほど歩いてまずは「ワートシーサケート」を見学した(入場料5千キープ=約80円)。ビエンチャンを代表する寺院ではあるが、タイにある一般的な寺院とそれほど変わりなく、とりあえず見学したという感覚で同寺院を後にした。ちなみに、ここでビエンチャンに入って初めて日本人団体旅行者を目にした。
 続いて向かったのは、ワットシーサケートの正面に立地する「ワットホーパケオ」であったが、あいにく修理中で入場不可とのこと。仕方なく次なる目的地である「ワットシームアン」に足を延ばした。ワットシームアンは、私が訪れた寺院の中では最も活気があり、地元の参拝客が多いと感じた。
 この敷地内で休憩も兼ねて30分ほど時間を過ごし、ビエンチャンの3寺院を一通り回った時点で時間は11時。迷子になることなくかなり効率的に回ったこともあり、予想以上のペースである。そこで、明日予定していた郊外にある「ブッダパーク」及びラオス・タイ国境の「友好橋」に今から向かうことにした。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/958-aecf553a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)