FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ビエンチャンを走る日の丸バス(タイ・ラオス旅行23)

 ビエンチャン市内には、車両ボディの数か所に日の丸を描いた大型バスが多数走っている。街なかで頻繁に見かけたことから、少なくとも百台は存在するのではないか。そして、その日の丸の横には、「日本国民からのプレゼント」と黒色の英文字で書かれていた。こうした光景を目にすると日本人としては大変嬉しく思う。
 車体は緑色・白色で塗装され(日本の都バスのイメージ)、内部は革張りの立派なシートで埋め尽くされており、東南アジアバス特有の窮屈さや非衛生的な部分は皆無と言って良い。おそらく大切に使ってくれているのだろう。
 移動中は私の近くに座っていた学生(高校生?)らと雑談しながら過ごした。英語力は今一つであったが、簡単なワードを駆使して最小限のコミュニケーションは図ることができた。ちなみに、彼らの第一外国語は英語ではなく中国語のようであったことは大変意外であった。
 そして乗車して40分ほどで前日に通った友好橋に到着。ここで多くの人が下車し、さらに10分ほど走って目的地のブッダパークに到着した。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/960-7388525a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)