FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

クアンシーの滝(タイ・ラオス旅行44)

 クアンシーの滝までは車で約40分。2時間後の16時半に集合とのガイドの指示を受けて一度解散した。
 滝までは道なりに15分程度歩いて到着(入場料は別途2万キープ=約300円)。途中滝で泳ぐ人や飛び込む人などを見掛けたが、多くの観光客は私同様に滝を遠くから眺めたり、写真撮影を楽しんでいた。また、(おそらく現地の人だと思うが)その近くに敷物を敷いて食事を取ったり雑談を楽しんでいる光景も見られた。いずれにしてもラオスらしいのどかな光景であり、滝の眺めも去ることながら、こうした場所にゆっくり腰を下ろして時間を過ごすことに価値があると思う。だが、滝自体に関してコメントするならば、少なくとも私にとっては「華厳の滝」の方が好みである。また、季節的な問題なのかわからないが、域内にあるキノワグマ保護センターで熊を見つけることはできなかった。
 こうして滝周辺を1時間程度散策して麓まで戻ってきたが、まだ集合時間まで40分近くあったので、徒歩数分のところにあるバタフライパークなる場所に足を延ばすが、入場料4万キープ(約600円)の表示に驚き敢え無く退散。受付にいた経営者のオランダ人は3万キープで良いと言ってくれたが、20分程度の時間潰しにしては大きな散財なので、そのまま去ってしまった。
 その後は、麓の土産品店を物色。5万キープとふっかけてきた一店を除けば、Tシャツ相場はやはり2.5万キープ(約380円)が手堅い所であった。不思議であったのは厚手も薄手も料金が同じ店があったことであり、理由は不明である。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/981-f5e46073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)