FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

日本語の書かれた店(タイ・ラオス旅行58)

 この日の昼食はホテルのすぐそばに立地するカフェでカオクア(ラオス風チャーハン)とバナナジュースをオーダーした(2.3万キープ=約350円)。このカフェに入った理由は、店頭に掲げられているメニューの中に日本語が記載されていたので、大変興味深かったという単純なものである。
 ここの店主は、人の良さそうなラオス出身の老人であり、オーダーしてからサーブされるまでの間に片言の英語で話をしていた。そして、その日本語が掲示されている理由も説明してくれたのだが、残念ながら言葉が聞き取れず十分に理解できなかった。
 さらに理解できなかったのは、雑談の途中に彼が突然戦争の動画を私に見せてきたことである。それはアフガンにおけるアメリカ軍の攻撃シーンの動画であり、砲撃音が鳴ると彼は興奮気味に大きな声を出してハイテンションになった。この時点で私は相当引き気味であったが、他にお客もいないので適当に返していた。そこへ運良くオーダーした料理がサーブされてきたので、その後は食事に集中した。
 そして、食事が終わると素早く会計を済ませて店を去った。チップは?と一瞬思ったが結局未対応。画像閲覧料として2万5千キープ渡しておけば良かっただろうか・・・

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/996-e0ace9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)